コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東林友丘 とうりん ゆうきゅう

1件 の用語解説(東林友丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東林友丘 とうりん-ゆうきゅう

?-1369 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。元(げん)(中国)から来日した一山一寧(いっさん-いちねい)に師事して法をつぐ。のち元にわたり,阿育王(あいくおう)寺の月江正印(げっこう-しょういん),天寧寺楚石梵琦(そせき-ぼんき)らにまなぶ。帰国後,鎌倉の建長寺,円覚(えんがく)寺の住持となった。応安2=正平(しょうへい)24年8月20日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東林友丘の関連キーワード心王月庵紹清顕円定尊青山慈永絶巌運奇南堂良偕白翁宗雲平山善均無礙妙謙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone