コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一山一寧 いっさんいちねいYi-shan Yi-ning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一山一寧
いっさんいちねい
Yi-shan Yi-ning

[生]淳祐7(1247)
[没]文保1(1317).10.25. 京都
中国,宋の臨済宗の僧。台州臨海県の人。鴻福寺に入り,無等慧融に2年侍し,次いで普光寺処謙につき『法華経』を,応真寺で律を,延慶寺で天台を学んだ。義解の学を嫌い,天童山筒翁敬禅師に参禅を許され,育王山に登って蔵叟善珍,寂窓有照,頑極行弥 (がんぎょくぎょうみ) らに禅を学び,頑極の法を継いだ。至元 21 (1284) 年,四明祖印寺に住んでいたが,10年後,補陀山観音寺に移り,住持となる。元は文永弘安の役の失敗にかんがみ,平和交渉で日本に服属を促すため,一山を江浙釈教総統に任じ,妙慈弘済大師の号を与え,石梁,仁恭,西かん子曇らとともに,正安1 (99) 年日本に送った。執権北条貞時は,彼を間諜の疑いで捕えて伊豆の修禅寺に禁錮したが,彼の有徳なひととなりがわかると彼を許し,建長寺 10世とした。乾元1 (1302) 年円覚寺7世となる。そののち再び建長寺に帰り,玉雲庵を構えて退居,浄智寺に移る。正和2 (13) 年後宇多法皇の命により,京都南禅寺3世となった。法皇の崇敬は厚く,一山について参禅工夫を重ねられた。一時病気を理由に隠退を願って許されなかった一山が,越州に逃れたときには,宸書をもって慰撫された。文保1 (17) 年 10月一山は南禅寺で病み,法皇みずからの見舞いを受けたが,まもなく法皇への遺表を奉り,遺偈 (ゆいげ) を書き,没した。法皇は,国師号を贈り,塔を亀山廟のそばに建て,法雨の額を賜わった。一山は書画をよくし,儒学や小説などにも通じ,朱子学の普及に貢献した。著書に『一山国師語録』がある。門弟に雪村友梅,無著良縁がおり,虎関師錬夢窓疎石一山の教えを受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一山一寧 いっさん-いちねい

1247-1317 元(げん)(中国)の僧。
淳祐7年生まれ。臨済(りんざい)宗。頑極行弥(がんごく-ぎょうみ)の法をつぐ。元の成宗の命で,正安(しょうあん)元年(1299)来日。執権北条貞時の帰依(きえ)をうけ,鎌倉の建長寺,円覚寺の住持をつとめる。正和(しょうわ)2年後宇多上皇の招きで京都南禅寺の住持となった。朱子学を日本につたえ,五山文学の祖ともいわれる。書にもすぐれた。文保(ぶんぽ)元年10月24日死去。71歳。台州(浙江省)出身。俗姓は胡。諡号(しごう)は一山国師。著作に「一山国師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一山一寧

没年:文保1.10.24(1317.11.28)
生年:定宗2(1247)
鎌倉時代末,日本に来た元の僧。台州(浙江省)臨海県の胡氏の出身。臨済禅大慧派下の無等慧融のもとで出家し,法明文節に天台を学び,天童山の簡翁居敬,育王山の蔵叟善珍らに参禅し頑極行弥の法を嗣ぐ。当時,元は文永弘安の役の2度にわたる日本侵攻の失敗ののちも,日本へ使いを出し,入貢を求めようとしており,禅僧,愚渓如智らを派遣するが,暴風雨などにより失敗,その後任として一山が日本へ向かうこととなった。成宗皇帝より妙慈弘済大師の号を与えられ,弟子で甥に当たる石梁仁恭,弟子の西澗子曇を伴い正安1(1299)年太宰府に到着した。鎌倉幕府の執権北条貞時はこれを怒り,一山は一旦,伊豆修禅寺に幽閉されるが,高名な禅僧であることがわかり建長寺住持に迎えられた。同4年には円覚寺の住持となり,一時は両寺に兼住した。その後,眼を病んで建長寺の杉谷に玉雲庵をつくりここに住んだ。正和2(1313)年8月,後宇多法皇の招きによって,規庵祖円没後の南禅寺住持となった。後宇多法皇をはじめとした公家の厚い帰依を受け,病による退院を望むが許されず,南禅寺で没した。同寺内大雲庵,建長寺内玉雲庵を塔所とする。一山は,学芸にすぐれ,能書でも知られ,中国の貴族社会の文化を日本に紹介し,朱子学をはじめ,その影響力は大きかった。<著作>『一山国師語録』

(原田正俊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっさんいちねい【一山一寧】

1247‐1317
鎌倉後期の禅僧。宋の台州の人。はじめ律,天台を学んだが,のち禅に帰し,蔵叟善珍,頑極行弥(がんぎよくぎようみ)に参じ,頑極の法をついだ。元の成宗は文永・弘安の日本遠征に失敗すると,仏法をもって平和的に服属させようと企図し,一山を正使として日本に派遣した。一山は1299年(正安1)博多に到着したが,鎌倉幕府はこれを怪しみ,一山ら使節一行を伊豆の修禅寺に幽閉した。しかし,一山の本国における名声を聞くや,彼を許して建長寺に入寺させ,ついで円覚寺に住せしめ,執権北条貞時は深く帰依した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっさんいちねい【一山一寧】

1247~1317) 鎌倉時代の臨済宗の僧。中国、台州の人。一山は字あざな。建長寺・円覚寺・南禅寺などの住持として、五山文学隆盛の基礎を築いた。また、宋朝の新書風を移植。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一山一寧
いっさんいちねい
(1247―1317)

鎌倉末期、中国から渡来した臨済(りんざい)宗の僧。姓は胡(こ)氏。台州(浙江(せっこう)省)の人。頑極行弥(がんごくぎょうみ)の法を嗣(つ)ぎ、1299年(正安1)西子曇(せいけんしどん)らとともに来朝。執権北条貞時は元(げん)の游偵(ゆうてい)(回し者)と疑い、伊豆修禅寺(しゅぜんじ)に捕らえた。のち許されて建長寺、円覚寺(えんがくじ)、浄智寺(じょうちじ)を歴住し、1313年(正和2)に後宇多(ごうだ)上皇の勅によって南禅寺3世となった。朱子(しゅし)(朱熹(しゅき))の新注を伝え、弟子の接化(せっけ)に偈頌(げじゅ)を用いて、門下に五山文学者を輩出し、禅林文学に大きな影響を与えた。文保(ぶんぽう)元年9月24日示寂。元の成宗(せいそう)(在位1294~1307)より妙慈広済(みょうじこうさい)大師、後宇多上皇より一山国師の号を賜う。『一山国師語録』2巻などがあり、弟子に石梁仁恭(せきりょうにんきょう)(1266―1335)、聞渓良聡(もんけいりょうそう)(?―1372)、雪村友梅(せっそんゆうばい)、東林友丘(とうりんゆうきゅう)(?―1369)などがいる。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一山一寧の関連キーワード石母田供養石塔雲渓支山元亨釈書東林友丘蘭州良芳大陽義冲竜山徳見約翁徳検無相良真蒙山智明虎関師練西礀子曇霊岳法穆建仁寺寧一山普陀山可翁宋朝元寇寄堂