コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶運 けいうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶運 けいうん

?-1369ごろ 南北朝時代の歌人,僧。
浄弁の子。天台宗。尊円,尊道の両入道親王につかえ,法印となる。頓阿(とんあ),吉田兼好,父浄弁とともに二条為世(ためよ)門下の和歌四天王とよばれた。二条派の中では重視されず,晩年は冷泉(れいぜい)為秀の門人となった。応安2=正平(しょうへい)24年ごろ死去。「きょううん」ともよむ。歌集に「慶運百首」「慶運法印集」など。

慶運 きょううん

けいうん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

慶運

没年:応安2/正平24.6以降(1369)
生年:永仁年間?(1293~99)
鎌倉・南北朝時代の歌人。名は「きょううん」とも。父は法印浄弁。早くに出家し,正和4(1315)年『花十首寄書』以来の歌壇活動が知られる。康永3/興国5(1344)年10月『金剛三昧院奉納和歌』に出詠。翌年には二条為定より古今伝授を受ける。能誉に代わり,父浄弁,頓阿,兼好と並ぶ二条為世門の和歌四天王とされるが,狷介な性格もあってか頓阿とは不仲で,長高く古風な歌風も二条派のなかでは異質である。青蓮院の尊円・尊道法親王に仕え,祇園別当目代を度々勤めている。『拾玉集』の編纂にも関与した。晩年は冷泉為秀に親近し,今川了俊,二条良基の評価も得ている。家集『慶運法印集』『慶運百首』がある。

(田仲洋己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいうん【慶運】

南北朝期の歌僧。〈きょううん〉ともいう。生没年不詳(1370年代に70余歳で没か)。父は法印浄弁。青蓮院に仕え,後に法印に至る。吉田兼好,頓阿,浄弁とともに二条派為世門の和歌四天王の一人。貴顕信望を得て公武歌界で活躍したが,生前は勅撰集に2首入集のみ(死後17首)で,孤高不遇だった。歌集に《慶運法師百首》《慶運法印集》(305首)があり,《骸骨の絵の賛》を書く。〈庵結ぶ山の裾野の夕雲雀あがるも落つる声かとぞ聞く〉(《新後拾遺集》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいうん【慶運】

南北朝中期の僧。浄弁の子。二条派の歌人で浄弁・頓阿・吉田兼好とともに和歌四天王の一人。「風雅和歌集」以下の勅撰集に一八首入集。「慶運法師集」「慶運百首」がある。きょううん。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶運
けいうん

南北朝時代の二条派の歌僧。「きょううん」とも読む。浄弁の子。正平 24=応安2 (1369) 年 70歳頃まで生存。頓阿,兼好,浄弁とともに南北朝期の和歌四天王の一人。「高野山金剛三昧院奉納短冊」の人数に入り,正平7=文和1 (52) 年関白良基の百首に列しているが,生存中の勅撰集には1首も入らず,不遇であった。『慶運法師百首』『慶運法印集』がある。頓阿などに比べて,よりものさびた,やや古風な感じの作風。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の慶運の言及

【慶運】より

…貴顕の信望を得て公武歌界で活躍したが,生前は勅撰集に2首入集のみ(死後17首)で,孤高不遇だった。歌集に《慶運法師百首》《慶運法印集》(305首)があり,《骸骨の絵の賛》を書く。〈庵結ぶ山の裾野の夕雲雀あがるも落つる声かとぞ聞く〉(《新後拾遺集》)。…

※「慶運」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶運の関連キーワード神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町近来風体抄神奈川上足

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶運の関連情報