コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋雑誌 とうようざっし Dong Duong Tap Chi

1件 の用語解説(東洋雑誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋雑誌
とうようざっし
Dong Duong Tap Chi

ベトナムのフランス植民地政府の文学機関誌。「東洋」はインドシナをさす。 1913年創刊。抗仏運動の動機となった維新運動の一環として 07年開設された東京義塾 Dong Kinh Nghia Thucが次第に発展し,各省に支部ができ,ベトナム人から歓迎されると,フランス植民地政府はその影響が反植民地主義に通じるとして義塾を閉鎖したが,その代りとして,フランス文化のベトナムへの浸透を目的に,フランス人シュナイダーによって発刊された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東洋雑誌の関連キーワード清仏戦争タロンフランス領西アフリカ西貢グランバッサムフランス領ソマリランドベトナムから遠く離れてファム・バン・ドンフエ条約ホー・チ・ミン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone