コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋雑誌 とうようざっしDong Duong Tap Chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋雑誌
とうようざっし
Dong Duong Tap Chi

ベトナムのフランス植民地政府の文学機関誌。「東洋」はインドシナをさす。 1913年創刊。抗仏運動の動機となった維新運動の一環として 07年開設された東京義塾 Dong Kinh Nghia Thucが次第に発展し,各省に支部ができ,ベトナム人から歓迎されると,フランス植民地政府はその影響が反植民地主義に通じるとして義塾を閉鎖したが,その代りとして,フランス文化のベトナムへの浸透を目的に,フランス人シュナイダーによって発刊された。数年後に廃刊。西欧と東洋の学術,思想の理解を深め,国文を発展させるという名目をもって,多くの仏文とわずかの漢文の翻訳をもっぱらその目標とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東洋雑誌の関連キーワード南風雑誌

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android