東海昌晙(読み)とうかい しょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東海昌晙 とうかい-しょうしゅん

?-1865 江戸時代後期の僧。
臨済(りんざい)宗。備後(びんご)(広島県)の人。鎌倉円覚寺の誠拙周樗(せいせつ-しゅうちょ)に師事。弘化(こうか)4年円覚寺からはじめての京都南禅寺の住持(準南禅位)となる。嘉永(かえい)3年夢窓疎石の五百年忌に際し,「夢窓録」を提唱した。天保(てんぽう)14年円覚寺の住持。元治(げんじ)2年3月4日死去。享年七十余歳という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android