コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東谷鉱山 ひがしだにこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東谷鉱山
ひがしだにこうざん

北九州市小倉南区カルスト台地平尾台の南西部にある三菱マテリアル石灰石鉱山。 1955年8月開発に着手,56年9月から月産5万t規模で採掘開始,その後次第に規模が拡大した。地質は古生代堆積岩層と中生代の貫入層から成り,品位 (酸化カルシウム) 54.1%。採掘はすべて露天掘りで,開発当初はグローリー=ホール法によっていたが,67年から階段採掘法を採用し,日本屈指の石灰石鉱山に成長した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東谷鉱山

福岡県北九州市にある鉱山。石灰石を産出する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の東谷鉱山の言及

【採鉱】より

…とくに石灰石鉱山には,生産量の大きい重要なものが多い。福岡県にある東谷鉱山もその一つで,平尾台と呼ばれる石灰岩台地の一隅で年間920万tの石灰石を生産している。採掘の方法はマムート鉱山と同様の階段採掘法であるが,ベンチの高さは15mある。…

※「東谷鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報