コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平尾台 ひらおだい

7件 の用語解説(平尾台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平尾台
ひらおだい

福岡県北東部,北九州市小倉南区の南東部を中心とする石灰岩の台地。 1952年天然記念物に指定。標高約 500m,南北 7km,東西 2km。筑紫山地の東端を占め,南半はテラロッサにおおわれ千草台と呼ばれ,北半は典型的なカルスト地形で羊群台と呼ばれ,カレンフェルトドリーネが発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらお‐だい〔ひらを‐〕【平尾台】

福岡県北東部、北九州市南東端にある石灰岩台地。南北約7キロメートル、東西約2キロメートル、面積約14平方キロメートル、標高500メートル前後。最高点は竜ヶ鼻(りゅうがはな)の681メートル。北九州国定公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平尾台【ひらおだい】

福岡県北九州市小倉南区の南端にあるカルスト台地(天然記念物)。山口県秋吉台と並称され,東西2km,南北12kmにわたって広がる平原に多くのカレンフェルトやドリーネカルスト地形)が見られ,青竜窟・千仏の両鍾乳洞がある。
→関連項目北九州国定公園小倉南[区]筑紫山地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひらおだい【平尾台】

福岡県北九州市小倉南区の南東端にある石灰岩台地。北東~南西の幅は約6km,北西~南東は約2.5km。標高500m前後(最高所は南端の竜ヶ鼻681m,最低所は中央部で約360m)のひし形の高原で,東は行橋平野,西は紫川の構造谷にそれぞれ比高300~500m,傾斜40度前後の急崖を向けている。南西半はテラ・ロッサに覆われて千草(ちぐさ)台と呼ばれるが,北東半は裸出カルストで羊群原と呼ばれ,多数のドリーネやみごとなカレンフェルト(石塔原),鍾乳洞(千仏鍾乳洞,青竜(しようりゆう)窟)などの典型的なカルスト地形が発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらおだい【平尾台】

福岡県北九州市小倉南区にある石灰岩台地。鍾乳洞・ドリーネなどカルスト地形が発達。天然記念物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕平尾台(ひらおだい)


北九州市南部、貫(ぬき)山(標高712m)南麓(なんろく)から南西約6kmの竜ヶ鼻(りゅうがはな)の間に広がる石灰岩台地。北部の羊群原(ようぐんばる)と南部の千草原(ちぐさばる)からなり、標高350~680m前後の平坦(へいたん)面に鍾乳洞(しようにゅうどう)ほか各種のカルスト地形が発達。西端部で石灰石の採掘が行われ、麓(ふもと)にセメント工場がある。北九州国定公園を代表する景勝地で、平尾台および鍾乳洞の千仏(せんぶつ)鍾乳洞・青竜窟(せいりゅうくつ)は天然記念物に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平尾台
ひらおだい

北九州市小倉(こくら)南区の南東端を中心とする石灰岩台地。東西約2キロメートル、南北約7キロメートル、標高約300~680メートル。秋吉台(あきよしだい)と並ぶわが国の代表的な石灰岩台地で、ドリーネ、カレンフェルト、鍾乳洞(しょうにゅうどう)など典型的なカルスト地形がみられる。とくに羊群原(ようぐんばる)といわれる一帯は草原上に多数のカレンフェルトがヒツジの群れのように散在し、みごとな景観を呈する。北九州国定公園に含まれる。第二次世界大戦前は陸軍演習場があった。千仏(せんぶつ)鍾乳洞、青竜窟(せいりゅうくつ)、平尾台はいずれも国の天然記念物に指定されている。平尾台自然観察センター、「平尾台自然の郷(さと)」などを中心に行楽地としてにぎわう一方、ウシの放牧などの農業が行われ、西側斜面では石灰岩の採掘も盛んである。JR小倉駅前からバスで約50分、また九州自動車道小倉南インターチェンジから車で10分。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平尾台の言及

【カルスト地形】より

…秋吉台カルストでは,その台地面に厚さ約5mのテラ・ロッサが残積し,とくに長者ヶ森一帯は被覆カルストの特徴をよく表している。秋吉台と同じように,古生代の石灰岩がカルスト高原をつくっている北九州市の平尾台でも,その南西部の千草台と呼ばれる台地が典型的な被覆カルストの性質をもっている。一方テラ・ロッサが流亡しやすい起伏の大きい傾斜地や,純度の高い石灰岩で残留土の少ない場合,または少雨気候下のカルスト地域などでは,石灰岩の露岩が広く露出し,裸出カルストと呼ばれる景観が展開する。…

【筑紫山地】より

…各山塊の周囲にはしばしば第三紀層の夾炭層が堆積しており,かつては筑豊,粕屋,唐津,佐世保の諸炭田を形成していた。また貫山地には山口県の秋吉台に続く石灰岩が分布し,典型的なカルスト台地である平尾台が位置しており,その周辺では香春(かわら)岳などに多数のセメント工場が立地している。【赤木 祥彦】。…

※「平尾台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平尾台の関連キーワード福岡県北九州市小倉南区蒲生福岡県北九州市小倉南区曽根福岡県北九州市小倉南区高野福岡県北九州市小倉南区田代福岡県北九州市小倉南区津田福岡県北九州市小倉南区長尾福岡県北九州市小倉南区長野福岡県北九州市小倉南区貫福岡県北九州市小倉南区沼福岡県北九州市小倉南区吉田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平尾台の関連情報