東陲民権史(読み)とうすいみんけんし

百科事典マイペディアの解説

東陲民権史【とうすいみんけんし】

自由民権運動に関する文献。1905年関戸覚蔵編。加波山事件の参加者であった玉水嘉一が中心となって史料収集。加波山事件の記述が中心だが,他の激化事件にも触れる。《自由党史》と並び民権運動史の基礎史料。
→関連項目群馬事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android