東 勇作(読み)アズマ ユウサク

20世紀日本人名事典の解説

東 勇作
アズマ ユウサク

昭和期のバレエ・ダンサー,振付家



生年
明治43(1910)年4月18日

没年
昭和46(1971)年8月4日

出生地
宮城県仙台市

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔昭和46年〕

経歴
亡命した白系露人エリアナ・パブロアの門下生で、日劇ダンシングチーム踊り手、教師などを務め、益田隆、梅園竜子とトリオを組んだが、昭和10年独立、東勇作バレエ団を結成。16年に第1回公演。この間、オリガ・サファイアや貝谷八百子の相手役として踊り「牧神の午後」「バラの精」「レ・シルフィード」などを上演、松山樹子、広瀬佐紀子らを育てた。21年東京バレエ団の結成に参加、同年の「白鳥の湖」全幕を主役で踊った。「交響曲第7番」のバレエ化は評価された。一方蘆原英了と共に宮廷バレエなど古代の学術的研究でも業績をあげた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

東 勇作
アズマ ユウサク


職業
バレエ・ダンサー 振付家

生年月日
明治43年 4月18日

出生地
宮城県 仙台市

経歴
亡命した白系露人エリアナ・パブロアの門下生で、日劇ダンシングチームの踊り手、教師などを務め、益田隆、梅園竜子とトリオを組んだが、昭和10年独立、東勇作バレエ団を結成。16年に第1回公演。この間、オリガ・サファイアや貝谷八百子の相手役として踊り「牧神の午後」「バラの精」「レ・シルフィード」などを上演、松山樹子、広瀬佐紀子らを育てた。21年東京バレエ団の結成に参加、同年の「白鳥の湖」全幕を主役で踊った。「交響曲第7番」のバレエ化は評価された。一方蘆原英了と共に宮廷バレエなど古代の学術的研究でも業績をあげた。

受賞
勲四等瑞宝章〔昭和46年〕

没年月日
昭和46年 8月4日 (1971年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

東 勇作 (あずま ゆうさく)

生年月日:1910年4月18日
昭和時代のバレエ・ダンサー;振付家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android