コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下三光(初代) まつした さんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下三光(初代) まつした-さんこう

1806-1869 江戸時代後期の陶工。
文化3年生まれ。京都で2代高橋道八にまなび,尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)で窯をひらき,茶器,花瓶(かびん)などをつくる。また南蛮写しを創案した。明治2年3月18日死去。64歳。名は常蔵,恒義。別号に海窓亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下三光(初代)の関連キーワード藩学一覧ナポリ王国女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲルファビウスアーデルング