コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下筑陰 まつした ちくいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下筑陰 まつした-ちくいん

1764-1810 江戸時代中期-後期の儒者。
明和元年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩につかえ,のち豊後(ぶんご)(大分県)日田にすむ。寛政6年佐伯(さいき)藩主毛利高標(たかすえ)にまねかれて藩校四教(しこう)堂でおしえた。門人広瀬淡窓。文化7年8月24日死去。47歳。名は夷。字(あざな)は世民。通称は勇馬,文之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下筑陰の関連キーワード儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android