さいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さいき

室町時代の御伽草子。作者,成立年未詳。九州の佐伯という者が在京中に女と契り,帰国後,本妻に知られ,本妻も京の女も尼になり,続けて2人の女を失った佐伯も出家する,という遁世談。本妻が嫉妬せず,京の女に同情し呼び寄せ,妻の座を譲るのが異色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さいきの関連情報