松倉恂(読み)まつくら まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松倉恂 まつくら-まこと

1827-1904 幕末の武士。
文政10年1月3日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩の兵器奉行,軍艦奉行戊辰(ぼしん)戦争の際,藩論を奥羽越列藩同盟結成にまとめるのにつとめたが,会津(あいづ)城陥落で藩論が一変し,明治2年閉門に処せられたため脱藩した。のち,仙台区長,伊達家家令などをつとめる。明治37年5月3日死去。78歳。初名は友信。通称は良輔。号は文譚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android