コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原泰道 まつばら たいどう

美術人名辞典の解説

松原泰道

臨済宗の僧。元臨済宗妙心寺派教学部長。明治40年(1907)東京生。早大卒。岐阜の龍源寺専門僧堂で修行、のち東京龍源寺の住職となる。また南無の会会長として辻説法を行うほか、坐禅会を主催し、幅広い布教活動を続けている。著に『般若心経入門』『観音経入門』等。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原泰道 まつばら-たいどう

1907-2009 昭和-平成時代の僧。
明治40年11月23日生まれ。臨済(りんざい)宗。岐阜県瑞竜寺で修行し東京竜源寺の住職となる。昭和50年軽井沢に坐禅堂日月庵をたてる。52年に竜源寺住職をやめ,南無の会会長として辻説法や月刊誌「ナーム」発行など教化活動をつづけた。平成21年7月29日死去。101歳。東京出身。早大卒。著作に「般若心経入門」「禅語百選」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例