南無(読み)なむ

デジタル大辞泉の解説

なむ【南無】

《〈梵〉namas音写。南摩・納莫などとも音写。敬礼(きょうらい)・帰命(きみょう)と訳す》仏語。仏・菩薩(ぼさつ)に向かって、心からの帰依を表す語。その名を呼ぶときに冠する。

なも【南無/那×謨】

[感]なむ(南無)」に同じ。
「―当来導師とぞ拝むなる」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なむ【南無】

仏・菩薩・経などを信じ敬い、それに帰依することを表す語。一般に帰依の対象となる語をそのあとに付けて感動詞的に用いる。帰命きみよう。納莫のうまく。なも。 「 -八幡大菩薩、たすけさせ給へ/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なむ【南無】

[1] 〘名〙 (namas の音訳。南摩・南謨・納莫などとも音訳。もと「敬礼」の意で「帰命(きみょう)」などと訳す) 仏語。仏や三宝などに帰依(きえ)することを表わすことば。なも。
※勝鬘経義疏(611)一乗章「一称南無無是善
[2] 〘感動〙
① 相手に助けを求める時などに発することば
雑俳・柳多留拾遺(1801)巻九「南無女房ちちをのませに化て来ひ」
② 深く考えないで思い切って行動する時に発することば。
※新撰大阪詞大全(1841)「なむとは しあんせずにものことをする」
[補注](1)漢字はいろいろ当てられ、たとえば、「文明本節用集」には「南無 ナム 帰命語也救我也敬順也又南謨南芒南牟南膜南麽納無南莫南忙曩謨那蒙」とある。
(2)かな書きの「なも」という例も見られ、漢字で書かれたものの読みについては判然としない。
(3)下に続くことばによって、たとえば「南無阿彌陀仏」という場合には「なまみだぶ」と「なま」になることがある。

なも【南無】

〘名〙 =なむ(南無)
※栄花(1028‐92頃)鳥の舞「なもと拝み奉れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の南無の言及

【帰命】より

…サンスクリットのnamasを漢文仏典では帰命とも南無(なむ)とも訳しており,この両語は同じく〈頭を下げ敬意を示すこと〉,帰依(きえ)を意味している。したがって〈帰命頂礼(きみようちようらい)〉(額(ひたい)を地上につけて最敬礼すること)のように身体の動作と,〈至心帰命(ししんきみよう)〉(心中でひたすら帰依すること)の両面をふくんでいる。…

※「南無」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南無の関連情報