コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松寿院 しょうじゅいん

2件 の用語解説(松寿院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松寿院 しょうじゅいん

1797-1865 江戸時代後期,種子島(たねがしま)の島主。
寛政9年3月18日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津斉宣(なりのぶ)の娘。生後3ヵ月で島津氏の属領種子島の島主種子島久道と結婚。33歳で夫と死別し,慶応元年8月20日69歳で死去するまで島の政治をおこなった。大浦川の防潮堤の築造,大浦塩田の開発・拡張,西之表港防波堤の工事を完成。名は隣(ちか)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松寿院

没年:慶応1.8.20(1865.10.9)
生年:寛政9.3.18(1797.4.14)
幕末期種子島の政治を執った事実上の女島主。名は隣。薩摩藩主島津斉宣の娘。母は側室須賀。斉彬の叔母。出生前より女子ならば種子島家への縁談が約束され,生後3カ月で5歳の種子島久道に輿入れ。33歳で夫に死別。世嗣がいなかったため,その決定まで夫の名跡(跡目)を薩摩藩へ願い出て許可され,異母弟島津久珍が後嗣と決定するまでの13年間島の政治,祭事を行った。次いで久珍が若死にし,その子で1歳の久尚が島主となったが,事実上は松寿院が,69歳で世を去るまで合計25年間,政治を行い,大土木事業を完成させている。大浦川に潮入り防止土堤の築造,島の表玄関西之表港の波止め修築,大浦塩田の開発,拡張などである。その間,伴をひとり連れて島内を巡り,実地を見分したという。また学校を建て『大日本史』100巻を寄贈して教育を奨励,新式の六眼銃(旋条銃)を製造させている。日の丸の意匠は,松寿院が種子島の御用船に掲げた旗が始まりともいわれる。<参考文献>鮫島宗美『種子島家譜 普及版』,柳田桃太郎『種子島の人』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松寿院の関連キーワード種子島種子島宇宙センター政柄藩庁上の間仮政府国の宰事実上の標準種子鋏大瀬休左衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone