松岡好一(読み)まつおか こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡好一 まつおか-こういち

1865-1921 明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応元年生まれ。明治21年雑誌「日本人」に,自身も一時はたらいていた三菱高島炭鉱の坑内労働者酷使を告発し,会社側を擁護した犬養毅(いぬかい-つよし)と論争した。のち香港で旅館経営のかたわら,宮崎滔天(とうてん),平山周らとまじわった。大正10年6月29日死去。57歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡好一

没年:大正10.6.29(1921)
生年:慶応1.12(1865)
明治大正期の民間アジア活動家。本名好平。好一は通称。長野出身。雑誌『日本人』に高島炭坑問題を掲載。豪州を探検。中国広東に住し,旅館経営のかたわら日本の対支活動に協力。<参考文献>対支功労者伝記編纂会編『対支回顧録』

(佐々博雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android