コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新門辰五郎 しんもんたつごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新門辰五郎
しんもんたつごろう

[生]寛政12(1800)
[没]1875
江戸時代末期の町火消侠客として著名。明治維新前後幕府側について活躍した。真山青果作の戯曲新門辰五郎』 (1943初演) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんもん‐たつごろう〔‐たつゴラウ〕【新門辰五郎】

[1800~1875]江戸末期の侠客(きょうかく)。江戸の人。浅草寺に新設された門の番人となり、新門辰五郎とよばれた。火消し人足から町火消し十番組の頭となり、のち、徳川慶喜(よしのぶ)に重用され、その身辺警護にあたった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

新門辰五郎【しんもんたつごろう】

幕末の江戸の侠客(きょうかく),町火消下谷に生まれ,浅草寺の新しい門の防火を預かり新門と称す。配下の人足が有馬家の大名火消と争ったことがもとで人足寄場に送られたが,1846年の大火の際,寄場の囚人を指揮して消火に活躍,赦免(しゃめん)された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新門辰五郎 しんもん-たつごろう

1800-1875 江戸後期-明治時代の侠客(きょうかく)。
寛政12年生まれ。江戸浅草(せんそう)寺の新門警備の任にあたったのでこの名でよばれ,町火消十番組の頭となる。弘化(こうか)2年大名火消とあらそい,佃島に入牢。元治(げんじ)元年(1864)一橋慶喜(よしのぶ)の京都ゆきに子分をひきつれ随行。以後,慶喜に重用され,水戸,駿府(すんぷ)にもしたがった。明治8年9月19日死去。76歳。江戸出身。姓は町田。
【格言など】思ひおく鮪(まぐろ)の刺身鰒汁(ふぐとじる)ふつくりぼぼにどぶろくの味(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

新門辰五郎

没年:明治8.9.19(1875)
生年:寛政4(1792)
幕末維新期の侠客。江戸町火消しの元締。本名町田辰五郎。錺職人の子として下谷に生まれ,上野輪王寺の寺僧町田仁右衛門の養子になる。鳶人足から人足頭,町火消十番組の頭になり,浅草寺の門番も勤める。江戸の火消しには幕府の定火消し,大名火消し,裕福な町衆が金を出しあって雇う町火消しの別があり,町火消しは下位に立たされていたが,辰五郎は浅草の香具師,大道芸人などから入る金を背景に勇み肌の男たちを十番組に配し,柳川藩の大名火消し相手の喧嘩で18名を死傷させて勇名をはせ,この罪で江戸所払になる。夜な夜な妻妾のところに戻るのが露見して捕まり,拷問されたが屈せず佃島人足寄場に送られる。弘化3(1846)年の本郷丸山火事で佃島に火が入ると,囚人を小金井小次郎らと指揮して消火に貢献,赦免される。 娘が将軍徳川慶喜の妾になっている縁で慶応年間(1865~68),子分300人を連れて将軍警備で京都に行く。京都では河原町,大坂では堂島に居を構え,妾も置いて,将軍お抱えの江戸の親分として羽振りをきかせた。鳥羽伏見の戦に敗れて開陽丸で江戸に敗走する慶喜から,大坂城に忘れてきた馬印の大金扇を取ってくることを命じられ,これを持って子分と共に陸路東海道を江戸に着いた。慶喜が水戸に謹慎になった際,2万両の甲州金を輸送し,徳川家の駿府(静岡県)移住にも付き従い,最後まで佐幕派の義理を守った。浅草の自宅で没。<参考文献>勝海舟『氷川清話』,白柳秀湖『親分子分・侠客編』

(平岡正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんもんたつごろう【新門辰五郎】

1800‐75(寛政12‐明治8)
幕末の江戸町火消で俠客。錺(かざり)職人の家に生まれ,浅草寺新門の衛士となったことから名とした。有馬家の火消とけんかして入獄,1846年(弘化3)江戸大火に一時釈放されて消防に大活躍し赦免された。俠名が高まると幕府の旗下に登用され,子分300人を率いて市中警備に当たった。62年(文久2)一橋慶喜に従って上京し禁裏警衛,68年慶喜が急に大坂城を退去するとき,置き忘れた金扇馬印を決死で取りに戻り,軍艦出航に遅れたので東海道を20余人と走り下った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんもんたつごろう【新門辰五郎】

1800~1875) 江戸末期の俠客きようかく。浅草寺新門の番人の養子であるところから新門と通称。町火消しの頭で、徳川慶喜に供して京都に赴き、鳥羽・伏見の敗戦の際大坂城に残り、将軍の馬標うまじるしを江戸に持ち帰り名をはせた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新門辰五郎の関連キーワード新門辰五郎(しんもんのたつごろう)瀬川 菊之丞(6代目)伊東 凌潮(5代目)相模屋政五郎マキノ雅広真山 青果松岡 好一日柳燕石柳川熊吉鈴木里彩町奴