コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岩 まついわ

2件 の用語解説(松岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松岩
まついわ

炭層中にある炭化した木の化石の俗称。九州筑豊炭田地方から出た言葉といわれるが,各地の炭鉱で広く用いられている。普通,ケイ化していて硬い。樹幹の横倒しが多いが,立ち木もある。その産状を広範囲に調べて,異地性や現地性の成因が論じられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まついわ【松岩】

石炭層中にまれに出る珪化(けいか)ないし炭酸塩鉱物化した樹木化石。炭鉱,特に筑豊地区での俗称。大きさはこぶし大から1m以上の塊状のものまである。材組織が鉱物化して残ることが多く,顕微鏡的研究で針葉樹であることがわかる。植物質が石炭化した炭層中に松岩だけが鉱物化した理由は,いくつかの説があるが,未解決な点も多い。著しく硬いため,採炭機やさく岩機の刃先をいため出炭を阻害し,危険を増し,出炭中の夾雑物になるなどやっかいな存在でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松岩の関連情報