コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎蔵之助 まつざき くらのすけ

2件 の用語解説(松崎蔵之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松崎蔵之助 まつざき-くらのすけ

1866*-1919 明治-大正時代の経済学者。
慶応元年12月16日生まれ。明治29年母校帝国大学の教授となり,財政学,統計学を担当した。35年東京高商(現一橋大)校長。日本銀行設立委員,東洋拓殖会社創立委員をつとめる。学士院会員。大正8年11月12日死去。55歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。著作に「最新財政学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松崎蔵之助

没年:大正8.11.12(1919)
生年:慶応1.12.16(1866.2.1)
明治大正期の経済学者。千葉県出身。帝大卒。東京帝大農科大学教授のち法科大学教授。統計学と財政学を担当。東京高等商業(一橋大)学校長を兼ねた時期もある。明治30年代に金井(延)・松崎時代を築き,東京帝大に社会政策学派の経済学を移植するのに貢献した。特にワグナーの影響が強い。著名な門下生柳田国男,高野岩三郎,河上肇らがいる。松崎は国家主義的権力主義的な人であったが,彼ら門下生はそれに反発するかのように,3人とも自由主義民主主義的な学風を構築した。<著作>『最新財政学』<参考文献>大内兵衛「松崎博士の訃を悼む」(『国家学会雑誌』大正8年12月号),『東京大学百年史 部局史1』

(藤井隆至)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

松崎蔵之助の関連キーワード石英岩英学ドイツ映画サイモン委員会池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone