コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信治 まつだいら のぶはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信治 まつだいら-のぶはる

1673-1724 江戸時代前期-中期の大名。
延宝元年生まれ。戸田重恒の次男。母の弟松平信孝(のぶなり)の養子となり,元禄(げんろく)3年駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩主松平(滝脇(たきわき))家2代。宝永元年陣屋を庵原郡(いはらぐん)小島にさだめた。享保(きょうほう)3年大番頭(おおばんがしら)。享保9年3月29日死去。52歳。初名は重秀(しげひで)。通称は助十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平信治の関連キーワード小島陣屋跡松平信嵩