コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平勝権 まつだいら かつのり

1件 の用語解説(松平勝権の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平勝権 まつだいら-かつのり

1807-1868 江戸時代後期の大名。
文化4年5月26日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊直中(なおなか)の9男。松平勝升(かつゆき)の養子となり,文政元年下総(しもうさ)多古藩(千葉県)藩主松平(久松)家6代。天保(てんぽう)元年江戸小石川の藩邸内に藩校学問所を開設した。慶応4年閏(うるう)4月23日死去。62歳。通称は源三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平勝権の関連キーワード戊辰戦争並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記早竹虎吉(初代)明治東京(都)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone