コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平大膳 まつだいら だいぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平大膳 まつだいら-だいぜん

1807-1867 幕末の武士。
文化4年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩家老。文久3年藩主にかわって二条城警護のため京都におもむく。高松藩と水戸藩との対立を解決し,禁門の変の際には一橋慶喜(よしのぶ)と萩(はぎ)藩との間の周旋につとめた。慶応3年12月2日死去。61歳。名は頼覚。字(あざな)は子徳。号は芝岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平大膳の関連キーワード笠原四郎左衛門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android