コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平家清 まつだいら いえきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家清 まつだいら-いえきよ

1566-1611* 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)9年生まれ。松平清宗(きよむね)の長男。天正(てんしょう)9年徳川家康の異父妹(久松俊勝(としかつ)の娘)を妻とする。18年家康の関東入りに際し,武蔵(むさし)八幡山(はちまんやま)(埼玉県)に1万石をあたえられる。慶長6年三河(愛知県)にうつり,吉田藩主松平(竹谷(たけのや))家初代。3万石。慶長15年12月21日死去。45歳。通称は与二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平家清の関連キーワードスレイマン一世津田宗達グレコ嘉靖帝スレイマン天王寺屋会記明版島津義久島津義久月山富田城

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone