コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平清宗 まつだいら きよむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平清宗 まつだいら-きよむね

1538-1605 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。松平清善(きよよし)の長男。竹谷(たけのや)松平氏。永禄(えいろく)6年三河一向一揆(いっき)の際は徳川家康にしたがう。のち長篠(ながしの)の戦いなどで活躍。慶長10年11月10日死去。68歳。通称は与二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平清宗の関連キーワード興国寺城松平家清

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android