コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠喬 まつだいら ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠喬 まつだいら-ただたか

1683-1756 江戸時代前期-中期の大名。
天和(てんな)3年1月9日生まれ。松平忠倶(ただとも)の孫。父忠継(ただつぐ)が病弱で廃嫡となり,元禄(げんろく)9年14歳で信濃(しなの)飯山藩主となる。遠江(とおとうみ)掛川藩をへて,宝永8年摂津尼崎(あまがさき)藩(兵庫県)藩主松平(桜井)家初代。4万石。宝暦6年2月5日死去。74歳。初名は倶武(ともたけ)。通称は与七郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平忠喬 (まつだいらただたか)

生年月日:1683年1月9日
江戸時代中期の大名
1756年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平忠喬の関連キーワード松平忠名生年月日尼崎藩

松平忠喬の関連情報