コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠重 まつだいら ただしげ

1件 の用語解説(松平忠重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠重 まつだいら-ただしげ

1601-1639 江戸時代前期の大名。
慶長6年生まれ。松平忠頼(ただより)の長男。母は織田有楽斎(うらくさい)の娘。慶長14年父の横死で浜松藩主松平(桜井)家は改易(かいえき)となったが,翌年再興をゆるされ武蔵(むさし)深谷に8000石をあたえられる。上総(かずさ)佐貫(さぬき)藩,駿河(するが)田中藩をへて,寛永12年遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩主松平家初代。4万石。15年奏者番。寛永16年2月12日死去。39歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠重の関連キーワードセナパティ鎖国松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス会津騒動本願寺加納藩永山城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone