コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠重 まつだいら ただしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠重 まつだいら-ただしげ

1601-1639 江戸時代前期の大名。
慶長6年生まれ。松平忠頼(ただより)の長男。母は織田有楽斎(うらくさい)の娘。慶長14年父の横死で浜松藩主松平(桜井)家は改易(かいえき)となったが,翌年再興をゆるされ武蔵(むさし)深谷に8000石をあたえられる。上総(かずさ)佐貫(さぬき)藩,駿河(するが)田中藩をへて,寛永12年遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩主松平家初代。4万石。15年奏者番。寛永16年2月12日死去。39歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠重の関連キーワード松平忠倶深谷城

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android