コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平近説 まつだいら ちかよし

1件 の用語解説(松平近説の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近説 まつだいら-ちかよし

1828-1886 江戸後期-明治時代の大名。
文政11年7月5日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定永(さだなが)の11男。松平近信(ちかのぶ)の急養子となり,天保(てんぽう)12年豊後(ぶんご)(大分県)府内藩主松平(大給(おぎゅう))家10代。藩校を整備して遊焉館と改称し,医学館を創設。奏者番兼寺社奉行をへて,慶応3年若年寄。4年姓を大給とあらためた。明治19年11月18日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平近説の関連キーワード北島全孝秋田茂兵衛加藤景久吉川日鑑志倉為流昇斎一景関直吉壇秋芳広田精知吉田如雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone