コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊地知正治 いじち しょうじ(まさはる)

美術人名辞典の解説

伊地知正治

薩摩鹿児島藩士。季平の次男。通称は竜右衛門。左院副議長・修史館総裁・宮内省御用掛などを経て宮中顧問官となる。伯爵・正三位勲一等。明治19年(1886)歿、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊地知正治 いじち-まさはる

いじち-しょうじ

伊地知正治 いじち-しょうじ

1828-1886 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政11年6月27日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。軍役奉行をへて,戊辰(ぼしん)戦争で東山道先鋒総督参謀となる。新政府で明治7年左院議長・参議,のち一等侍講,修史館総裁などを歴任し,17年伯爵,19年宮中顧問官となる。明治19年5月23日死去。59歳。通称は竜右衛門。名は「まさはる」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊地知正治

没年:明治19.5.23(1886)
生年:文政11.6.1(1828.7.12)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治政府の官僚。父は季平。藩校造士館教師。安政5(1858)年京にあって有馬新七,西郷隆盛らと井伊政権打倒の計画を進め帰国。翌6年11月,薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加。万延1(1860)年軍賦役,文久2(1862)年軍役奉行として島津久光の率兵上洛に随行。薩英戦争に参軍。戊辰戦争では東山道先鋒総督府参謀,次いで大総督府参謀補助として板垣退助と共に会津を攻略。明治3(1870)年侍講,以来,薩摩藩権大参事,左院大議官兼教部省御用掛,左院副議長,参議,修史官総裁,宮中顧問官を歴任。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊地知正治
いじちまさはる

[生]文政11 (1828).6.1. 薩摩
[没]1886.5.23. 東京
幕末の薩摩藩士。戊辰戦争のとき東山道先鋒総督参謀となり,維新後は左院副議長,修史館(→修史局)総裁,宮内省御用掛を経て,1886年宮中顧問官となった。1884年伯爵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊地知正治
いじちまさはる
(1828―1886)

明治前期の官僚。文政(ぶんせい)11年6月1日薩摩(さつま)藩士の家に生まれる。藩校造士館教授、軍役奉行などを経て、1868年(明治1)の戊辰(ぼしん)戦争で東山道先鋒(せんぽう)総督参謀として活躍、永世禄(えいせいろく)1000石を賜った。1871年政府に入り左院議官。1872年同副議長。1874年同議長となり参議兼任。1875年一等侍講、ついで修史館副総裁。1877年同総裁。1879年宮内省御用掛。1884年伯爵。1886年宮中顧問官となり、同年(明治19)5月23日死去。[毛利敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊地知正治の関連キーワード伊地知 正輔伊地知正輔明治時代吉井友実

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android