コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼亮 まつだいら よりあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼亮 まつだいら-よりあきら

1744-1801 江戸時代中期-後期の大名。
延享元年4月7日生まれ。松平頼寛(よりひろ)の3男。宝暦13年陸奥(むつ)守山藩(福島県)藩主松平(水戸)家3代となる。天明の大飢饉(ききん)の際には各地に騒動がおきた。享和元年9月8日死去。58歳。初名は頼種。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平頼亮の関連キーワード延享カルナータカ戦争享和パーベル1世山東京伝シェーンブルン宮殿鳥居清忠(初代)浮絵カルナータカ戦争カルナータカ戦争

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone