コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本因碩 まつもと いんせき

1件 の用語解説(松本因碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本因碩 まつもと-いんせき

1831-1891 江戸後期-明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)2年生まれ。伊勢(いせ)山田奉行太田志摩守の近習をつとめていたとき,本因坊秀和に3子でかつ。のち江戸で修業。主君筋の領主関宿(せきやど)藩主久世広周(くぜ-ひろちか)の推薦で,嘉永(かえい)3年13世井上因碩(いんせき)を名のる。明治になって松本姓にもどる。7段を自称した。明治24年1月11日死去。61歳。下総(しもうさ)葛飾郡出身。名は錦四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松本因碩の関連キーワードペドロゴローニンメイラン鏑木清方社史ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone