松本弘二(読み)まつもと こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本弘二 まつもと-こうじ

1895-1973 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年9月21日生まれ。高木背水(はいすい),のち白馬会洋画研究所で黒田清輝にまなぶ。雑誌「解放」の編集にたずさわり,大正10年「種蒔(ま)く人」同人となり,小説などを発表。同年二科展に初入選,のち二科会会員,理事となる。昭和45年「男鹿の夏」で内閣総理大臣賞。昭和48年6月29日死去。77歳。佐賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android