コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村梅岡 まつむら ばいこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村梅岡 まつむら-ばいこう

1710-1784 江戸時代中期の儒者。
宝永7年生まれ。江戸駒込にすむ。平野金華にまなぶ。晩年は晩唐の詩風を主張した。天明4年死去。75歳。名は延年。字(あざな)は子長。通称は多仲。著作に「梅岡文集」「梅翁詩鈔」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松村梅岡の関連キーワードディドロ片山兼山新版歌祭文トレンブレーバッハ江戸時代(年表)メリーランド州会議事堂ティチング唐来参和フランクリン邦

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone