コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野金華 ひらの きんか

4件 の用語解説(平野金華の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平野金華

江戸中期の儒者。陸奥生。享保17年(1732)歿、45才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野金華 ひらの-きんか

1688-1732 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)元年生まれ。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。詩文にすぐれ,三河(愛知県)刈谷(かりや)藩につかえ,朝鮮通信使と詩文をかわした。のち陸奥(むつ)守山藩(福島県)の儒官となる。享保(きょうほう)17年7月23日死去。45歳。陸奥三春(福島県)出身。名は玄中。字(あざな)は子和。通称は源右衛門。著作に「金華稿刪(こうさん)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平野金華

没年:享保17.7.23(1732.9.11)
生年:元禄1(1688)
江戸時代中期の漢学者。陸奥国(福島県)三春の人。名は玄中(仲),字は子和,通称は源右衛門。金華はその号。初め江戸に出て,医を千田大円堂に学ぶ。のちに儒を志し,荻生徂徠に師事,古文辞学を修めた。先に三河(愛知県)刈谷藩に仕え,のちに水戸家の支藩である守山藩に仕えた。放蕩で酒癖が悪く,諧謔を好んだが,義気に富み,真率さが愛された。服部南郭と仲がよく,文辞で名を残すが,本来の志はあくまでも経学にあったといえる。その学問の一端をかいまみせる『金華雑譚』に,金華の嗜好を窺うことができる。<著作>『金華稿刪』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平野金華
ひらのきんか

[生]元禄1(1688)
[没]享保17(1732)
江戸時代中期の儒学者。名,玄仲。通称,源右衛門。荻生徂徠に学び,常陸守山藩に招かれ,死後,藩主が『金華文集』を刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平野金華の関連キーワード竹川政辰横谷友信大内熊耳大橋重雅緒方蘭皐清水利政末包金陵丹羽雲気古屋蜂城森義豊

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone