コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩唐 バントウ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐とう〔‐タウ〕【晩唐】

中国代の文学を4期に区分したその第4期。開成より唐の滅亡まで(836~907年)の期間。衰亡する唐の混迷した社会情勢のもと、唯美的・退廃的な傾向が支配的であった。主な詩人に杜牧李商隠らがいる。→初唐盛唐中唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんとう【晩唐】

中国文学史上、唐代を四分した第四期。文宗以後、唐末までの約80年間(827~907)。唐の国威が失墜し、詩文ともに衰えたが杜牧・李商隠・温庭筠らがでた。 → 初唐盛唐中唐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晩唐の関連キーワード温庭【いん】李義山雑纂西崑酬唱集三体唐詩酉陽雑俎矢土勝之松村梅岡鳥山芝軒張彦遠杜光庭皮日休花間集雲謡集本事詩魚玄機香奩体越州窯于武陵段成式温庭筠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android