晩唐(読み)バントウ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐とう〔‐タウ〕【晩唐】

中国代の文学を4期に区分したその第4期。開成より唐の滅亡まで(836~907年)の期間。衰亡する唐の混迷した社会情勢のもと、唯美的・退廃的な傾向が支配的であった。主な詩人に杜牧李商隠らがいる。→初唐盛唐中唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんとう【晩唐】

中国文学史上、唐代を四分した第四期。文宗以後、唐末までの約80年間(827~907)。唐の国威が失墜し、詩文ともに衰えたが杜牧・李商隠・温庭筠らがでた。 → 初唐盛唐中唐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android