晩唐(読み)バントウ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐とう〔‐タウ〕【晩唐】

中国代の文学を4期に区分したその第4期。開成より唐の滅亡まで(836~907年)の期間。衰亡する唐の混迷した社会情勢のもと、唯美的・退廃的な傾向が支配的であった。主な詩人に杜牧李商隠らがいる。→初唐盛唐中唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんとう【晩唐】

中国文学史上、唐代を四分した第四期。文宗以後、唐末までの約80年間(827~907)。唐の国威が失墜し、詩文ともに衰えたが杜牧・李商隠・温庭筠らがでた。 → 初唐盛唐中唐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばん‐とう ‥タウ【晩唐】

中国の唐代を初・盛・中・晩の四期に区分した最後の期間。文宗の太和元年(八二七)から滅亡の九〇七年までの期間をさす。特に文学史で用いられる区分で、代表的詩人は李商隠・杜牧・温庭筠・韋荘など。
※筑波問答(1357‐72頃)「晩唐の詩といふ物を見れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android