晩唐(読み)バントウ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐とう〔‐タウ〕【晩唐】

中国代の文学を4期に区分したその第4期。開成より唐の滅亡まで(836~907年)の期間。衰亡する唐の混迷した社会情勢のもと、唯美的・退廃的な傾向が支配的であった。主な詩人に杜牧李商隠らがいる。→初唐盛唐中唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんとう【晩唐】

中国文学史上、唐代を四分した第四期。文宗以後、唐末までの約80年間(827~907)。唐の国威が失墜し、詩文ともに衰えたが杜牧・李商隠・温庭筠らがでた。 → 初唐盛唐中唐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android