松永呑舟(読み)まつなが どんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永呑舟 まつなが-どんしゅう

?-? 江戸時代中期の儒者,僧。
紀伊(きい)有田郡(和歌山県)の人。山城(京都府)越智氏につかえたが,致仕して仏門にはいり全国を遍歴。元文3年(1738)下総(しもうさ)香取郡(千葉県)真言宗根本寺の住職となる。門人久保木竹窓。名は友也,長鯤。号は北溟子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android