コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智氏 おちうじ

2件 の用語解説(越智氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おちうじ【越智氏】

古代の伊予国の豪族。越智郡(現,愛媛県今治市,越智郡)を根拠地とし,孝霊天皇の孫小千御子の流れをくむと伝えられる。大化前代には小千国造として見え,律令制下では越智郡の郡司として勢威を有した。直(あたい)の姓(かばね)を有する者が多い。また一族の中には,大学博士となった越智直広江や,《新撰姓氏録》の編纂に関与した越智直浄継のように中央で活躍する官人もいた。平安時代の中期になると,一族の中には伊予掾(いよのじよう),同目(さかん)などの雑任国司の地位を得て,在庁官人として国衙に進出する者も多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越智氏
おちうじ

(1)伊予の越智氏 伊予国(愛媛県)越智郡の豪族。物部(もののべ)氏の一族子到命(小致命)(おちのみこと)が小市国造(おちのくにのみやつこ)に任ぜられ、子孫は越智郡(小市国の後身)領として直(あたえ)姓を称し、835年(承和2)11月には子孫の越智広成(ひろなり)が直を改め宿禰(すくね)姓を賜る。物部氏の後裔(こうえい)と思われるが、『予章記(よしょうき)』や越智氏、河野(こうの)氏の系図では、孝霊(こうれい)天皇の皇子伊予皇子(彦狭島尊(ひこさしまのみこと))の子小千御子(おちのみこ)が越智氏を称したのに始まるという。子孫は伊予を基盤として繁栄し、河野、土居(どい)、得能(とくのう)、新居(にい)などの諸氏を派生した。
(2)大和(やまと)(奈良県)の越智氏 祖先について諸説があるが、興福寺(こうふくじ)一乗(いちじょう)院方の国衆(くにしゅう)として南大和に勢力を張り、南朝に通じて活躍した。維通(これみち)、家栄(いえひで)が有名。[山本 大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の越智氏の言及

【大山祇神社】より

…大山積神は《古事記》《日本書紀》では山の神とされているが,またの名を和多志(わたし)大神と称し百済から渡来したとの伝えもある(《伊予国風土記》逸文)。越智(おち)地方の旧族越智氏から出て伊予の国主となり,海上にも発展した河野氏の祭祀をうけたため海上守護神の性格も強い。766年(天平神護2)神階従四位下を授けられ神戸(かんべ)5戸をあてられ,875年(貞観17)正二位に累進。…

【津島[町]】より

…三方を山に囲まれ,町域北端の鬼ヶ城山(1151m)に発して宇和海に注ぐ岩松川などの河川沿いに低地がある。一帯は津島郷とよばれ,中世,岩松の天ヶ森城に拠ってあたりを支配した越智氏は,津島殿と称された。江戸時代,宇和島藩の地方(じかた)支配の区分では津島組であった。…

※「越智氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越智氏の関連キーワード伊予愛媛伊予蝋越智直越智広江河野親清河野教通河野通尭河野通朝河野通春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越智氏の関連情報