コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永周甫 まつなが しゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永周甫 まつなが-しゅうすけ

1816-1886 江戸後期-明治時代の医師,本草家。
文化13年6月13日生まれ。京都の山本亡洋らに本草をまなび,周防(すおう)(山口県)吉敷郡に薬草園を経営して長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利敬親(たかちか)に標本を献上した。万延元年シーボルトがこれを長崎にとりよせたという。慶応2年藩医,本草生育方頭取となる。明治19年6月28日死去。71歳。長門出身。名は祐利。通称は利熊。号は西楊軒,朝風

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松永周甫の関連キーワード明治時代本草家

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android