コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浪米蔵 まつなみ よねぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浪米蔵 まつなみ-よねぞう

1861-1928 明治-大正時代の大工。
文久元年生まれ。大阪府泉南地方でつかわれていた木綿用の手織機「ちょんこ機(ばた)」の改良にとりくみ,縦糸張力が均質になる「太鼓(たいこ)機」を発明,明治32年特許をとる。昭和3年死去。68歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。旧姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松浪米蔵の関連キーワード藤原治郎吉大正時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android