松海苔(読み)マツノリ

  • 松海=苔

デジタル大辞泉の解説

ムカデノリ科の紅藻。満潮線近くの岩上に生え、高さ約5センチ。基部は円柱状で先のほうは平たく、二またによく分枝する。本州中部以南に分布。食用。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 紅藻類ムカデノリ科の海藻。各地の沿岸の干満線間の岩上に生える。高さ五~八センチメートル。葉状体は紅紫または緑紫色、先端でよく二股に分枝して、全体は扇状に広がる。食用または糊料。てんぼそ。《季・春》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android