コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田和孝 まつだ かずたか

1件 の用語解説(松田和孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田和孝 まつだ-かずたか

1837-1859 幕末の武士,儒者。
天保(てんぽう)8年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。芳野金陵(よしの-きんりょう)にまなび,藩校明道館の助教となる。橋本左内らと国事に奔走。藩主松平慶永(よしなが)が大老井伊直弼(いい-なおすけ)に隠居謹慎を命じられたことにいきどおり,安政6年6月20日切腹。23歳。字(あざな)は誠道。通称は東吉郎。号は蓼水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田和孝の関連キーワード光の科学史サヌーシー派スタング(父子)マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎舎密開宗生田万の乱辞典

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone