松田市太夫(読み)まつだ いちだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田市太夫 まつだ-いちだゆう

1824-1863 幕末の武士。
文政7年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩家老鵜殿(うどの)家の。養子松田道之(みちゆき)とともに倒幕運動をおこなう。因幡,伯耆(ほうき)の尊攘(そんじょう)派の首領と目された。文久3年2月2日京都で病死。40歳。名は発明(なりあき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android