コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田市太夫 まつだ いちだゆう

1件 の用語解説(松田市太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田市太夫 まつだ-いちだゆう

1824-1863 幕末の武士。
文政7年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩家老鵜殿(うどの)家の臣。養子松田道之(みちゆき)とともに倒幕運動をおこなう。因幡,伯耆(ほうき)の尊攘(そんじょう)派の首領と目された。文久3年2月2日京都で病死。40歳。名は発明(なりあき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田市太夫の関連キーワード中島名左衛門ルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)会沢正志斎堀達之助山登検校(初代)売られた花嫁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone