松科(読み)まつか

大辞林 第三版の解説

まつか【松科】

裸子植物の一科。10属250種のほとんどが北半球に分布し、時に針葉樹林をつくる。常緑高木が多いが、落葉性や低木の種もある。葉は針形または線形。雌花は球状に集まった鱗片りんぺんからなり、それぞれの内側に胚珠がある。マツ・ツガ・トウヒ・モミ・カラマツなど。木材資源として重要。松柏科。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android