コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松科 まつか

大辞林 第三版の解説

まつか【松科】

裸子植物の一科。10属250種のほとんどが北半球に分布し、時に針葉樹林をつくる。常緑高木が多いが、落葉性や低木の種もある。葉は針形または線形。雌花は球状に集まった鱗片りんぺんからなり、それぞれの内側に胚珠がある。マツ・ツガ・トウヒ・モミ・カラマツなど。木材資源として重要。松柏科。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松科の関連キーワード静岡県浜松市中区北寺島町裸子植物針葉樹林北半球仙田満低木雌花線形針形胚珠球状

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松科の関連情報