松科(読み)まつか

大辞林 第三版の解説

まつか【松科】

裸子植物の一科。10属250種のほとんどが北半球に分布し、時に針葉樹林をつくる。常緑高木が多いが、落葉性や低木の種もある。葉は針形または線形。雌花は球状に集まった鱗片りんぺんからなり、それぞれの内側に胚珠がある。マツ・ツガ・トウヒ・モミ・カラマツなど。木材資源として重要。松柏科。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android