コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝尚(1) いたくら かつなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝尚(1) いたくら-かつなお

1785-1820 江戸時代後期の大名。
天明5年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩主板倉勝政の次男。板倉勝意(かつおき)の養子。文化2年上野(こうずけ)(群馬県)安中藩主板倉家第2次4代となる。藩校造士館を設立。奏者番(そうじゃばん)をつとめた。文政3年8月26日死去。36歳。号は綽山(しゃくざん),裕山堂,白雲山人。名は「かつひさ」ともよむ。著作に「綽山吟草」「水雲問答」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉勝尚(1)の関連キーワードベルトレジョージ4世電気工学ゴヤ(年譜)アンペール三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android