ジョージ4世(読み)ジョージよんせい(英語表記)George IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1762.8.12. ロンドン
[没]1830.6.26. バークシャー,ウィンザー
ハノーバー朝第4代のイギリス王 (在位 1820~30) 。ジョージ3世の長男。皇太子時代から放蕩浪費の悪名高く,ホイッグ党の政治家と親交を結び,父王とは不和であった。 1785年ひそかにカトリック教徒の婦人 M.フィッツハーバートと結婚したが,2年後議会でこの結婚は否認された。その後もこの婦人と交渉を続けながら,莫大な負債を清算するために,父王のであるカロラインと 95年結婚したが,まもなく別居。 1820年にはカロラインとの離婚が政治問題化した。父王の精神錯乱のため,11~20年に摂政をつとめ,その時期から即位後にかけてトーリー党好意をもち,あらゆる改革に反対した。しかし王の意に反して「カトリック教徒解放法」 (29) も成立し,国王の権威は失墜した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1762年8月12日
イギリス,ハノーバー朝第4代国王(在位1820〜30)
1830年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android