枕崎台地(読み)まくらざきだいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枕崎台地
まくらざきだいち

別府 (べっぷ) 台地別府原 (べっぷばる) ともいう。鹿児島県南西部,薩摩半島の南端にある台地。東西約 16km,南北約 8km。シラスおよびコラ層から成る。南薩地区畑地灌漑事業が進められ,葉タバコ,茶のほかにポンカン,サツマイモ,米,小麦を産し,野菜の促成栽培,花卉栽培,養豚,養鶏も盛ん。気候は温暖で,年平均気温 17.0~17.5℃。降霜日数は年に 15日程度。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android