コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林三陽 はやし さんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林三陽 はやし-さんよう

1649-1735 江戸時代前期-中期の儒者。
慶安2年生まれ。林羅山(らざん)の妻の甥(おい)。林鵞峰(がほう)にまなび,林氏を名のる。鵞峰が幕命をうけた「本朝通鑑(つがん)」の編修にくわわる。寛文13年肥後熊本藩につかえた。享保(きょうほう)20年8月26日死去。87歳。本姓は荒川。名は長興,長泰。通称は吉十郎,宇門。僧号は春泰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林三陽の関連キーワード儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android