コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁所 ごどころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碁所
ごどころ

江戸幕府所属の碁方 (碁打衆) が出仕する碁の機関,ならびにその長をいう。延宝5 (1677) 年,4世本因坊道策が名人になった時点で創設され,道策は同6年4月 17日付で,その取締りに任じられた。したがって1世本因坊算砂中村道碩,2世安井算知の3名は碁所的ではあるが碁所に関係のない名人である。道策以降,この地位についた者に3世井上因碩 (のちに井上家の世系書き換えにより4世とされる) ,5世本因坊道知,9世本因坊察元,12世本因坊丈和の4人がある。名人 (段位制定後は9段) は技量上の最高位,碁所は政治上の最高位である。名人は同時に碁所を許されるとはかぎらないが,碁所は名人でなければなれなかった。碁所空位のときにのみ,棋院四家は家元会議の承認を得たうえで免状を発行し,将軍の裁量を仰いだ。しかし,在位中は一切の権限は碁所に属し,「官賜碁所」の肩書はなにものにも優先した。その地位をめぐる闘争が激しかったのはそのためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐どころ【碁所】

江戸時代、囲碁の最高権威者に与えられた称号本因坊・林・井上・安井の四家から選ばれ、碁界を支配した。また、この四家をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

碁所【ごどころ】

江戸時代,扶持を給して碁打の入段・昇段,御城碁の運営などにあたらせた制度。江戸時代を通じて,本因坊,安井,井上,林の4家があり,また名人(九段)だけに許され4家の上に立って碁界の総取締に任じた者の称号としても用いられた。
→関連項目本因坊本因坊算砂本因坊道策

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ごどころ【碁所】

江戸時代、囲碁の名人位にあり、幕府に仕えて碁界の総取り締まりに任じた人の称号。本因坊・林・井上・安井の四家元から出た。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の碁所の言及

【大橋宗桂】より

…将棋が上手であったために織田信長,豊臣秀頼,徳川家康,徳川秀忠に遊興の奉仕として召し出され,本因坊算砂らと将棋を指して巧芸を披露した。江戸幕府成立後,将棋指衆として召し抱えられ,碁所より分岐した将棋所の司として初代名人になり,50石五人扶持の俸禄を与えられた。これは将棋が市井の遊芸から幕府公認の技芸として認められ,民間の将棋指しが幕臣に加えられたことを意味し,将棋史上画期的なできごとであった。…

【碁】より


[江戸時代の碁]
 1588年(天正16)秀吉は本因坊算砂(当時は日海)に20石10人扶持を給して〈碁の法度を申付〉けた。碁所(ごどころ)の開始とされる。しかし実際に碁所制度が確立するのは徳川幕府の基礎が固まり,家元制のもとに碁将棋衆に扶持を給して碁将棋を奨励する政策がとられるようになってからである。…

※「碁所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

碁所の関連キーワード井上因碩(11代)井上因碩(4代)安井仙知(8代)安井算知(1)本因坊元丈本因坊道悦本因坊秀和江崎 誠致本因坊算悦井上春碩井上幻庵大橋宗桂井上道節服部因淑赤星因徹江崎誠致渋川春海板垣友仙安井算哲鈴木知清

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碁所の関連情報