コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林信篤 ハヤシノブアツ

百科事典マイペディアの解説

林信篤【はやしのぶあつ】

江戸時代中期の朱子学者。林鵞峯(がほう)の子。名は春常。鳳岡(ほうこう)と号する。儒者僧形であることに反対して総髪を通したが,1691年家(りんけ)の聖堂家塾湯島に移されて昌平黌(しょうへいこう)となった際,束髪して士籍に入り,諸大夫・小姓組番頭格となり,大学頭(だいがくのかみ)を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

林信篤の関連キーワード久志本常彰細井広沢墓武徳大成記細井広沢雍州府志林鳳岡海游録昌平忌服

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android