コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林吉左衛門 はやし きちざえもん

2件 の用語解説(林吉左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林吉左衛門 はやし-きちざえもん

?-1646 江戸時代前期の暦算家。
肥前長崎の人。天文,地理,星宿,暦法の学に通じ,門人に小林義信らがいる。寛永16年キリシタンとして捕らえられ,正保(しょうほ)3年4月6日刑死した。名は一説に吉右衛門とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林吉左衛門

没年:正保3.4.6(1646.5.20)
生年:生年不詳
長崎の南蛮天文学の祖。『長崎先民伝』に「天文,地理,星宿,暦法の学に精通」とある。天文の弟子に小林義信(樋口謙貞),吉村長蔵,小野昌硯,本山作左衛門,金屋孫右衛門,胡麻屋了益,三島吉左衛門の名がある。何かの犯科に関連して小林義信の父久兵衛の家にかくまわれていた。のち許されて弟子に講義していたが,いつかキリシタンに帰依するようになり,宗門目付井上政重に捕らえられ刑死した。名前の「吉左」は自筆稿本によると「吉右」とあるので「吉右衛門」の方が正しいともいわれる。細井広沢筆写の『測量秘言』には「林先生」にシンスサイと振り仮名されている。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林吉左衛門の関連キーワード位置天文学航海天文学長崎半島長崎大学恒星天文学南蛮文学広島と長崎の原爆関荘三郎樋口謙貞吉田自休

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone