コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林吉左衛門 はやし きちざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林吉左衛門 はやし-きちざえもん

?-1646 江戸時代前期の暦算家。
肥前長崎の人。天文,地理,星宿,暦法の学に通じ,門人小林義信らがいる。寛永16年キリシタンとして捕らえられ,正保(しょうほ)3年4月6日刑死した。名は一説に吉右衛門とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林吉左衛門

没年:正保3.4.6(1646.5.20)
生年:生年不詳
長崎の南蛮天文学の祖。『長崎先民伝』に「天文,地理,星宿,暦法の学に精通」とある。天文の弟子に小林義信(樋口謙貞),吉村長蔵,小野昌硯,本山作左衛門,金屋孫右衛門,胡麻屋了益,三島吉左衛門の名がある。何かの犯科に関連して小林義信の父久兵衛の家にかくまわれていた。のち許されて弟子に講義していたが,いつかキリシタンに帰依するようになり,宗門目付井上政重に捕らえられ刑死した。名前の「吉左」は自筆稿本によると「吉右」とあるので「吉右衛門」の方が正しいともいわれる。細井広沢筆写の『測量秘言』には「林先生」にシンスサイと振り仮名されている。

(内田正男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

林吉左衛門の関連キーワード西川如見向井元升

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android